【LION】Dangerous Attraction Tour 1987 1988 激レアですよ!!!

【LION】ロックTシャツ メンズ バンドTシャツ メンズ LION Dangerous Attraction Tour 1987 1988 ツアーTシャツ S/M/L/XL/XXL

商品番号:liondat8788

¥4,200(税込)

新規会員登録で100ポイントプレゼント!1ポイント = 1円でお買い物に使えます!

Sサイズ
在庫有り
Mサイズ
在庫有り
Lサイズ
在庫有り
XLサイズ
×SOLD OUT
カートに入れる
XXLサイズ
海外取り寄せ商品

海外取り寄せ商品は、約1ヵ月ほど入荷までお時間を頂戴いたします。
ご注文後、折り返し入荷状況をお知らせいたします。
商品が入荷次第、発送いたします。

ライオン(Lion)は1986年のアニメーション映画『トランスフォーマー ザ・ムービー』(The Transformers: The Movie)の主題歌で最もよく知られる1980年代のハードロック バンドである。ロサンゼルスで結成されたため、LAメタルやグラム・メタルの一派と捉えられることが多いが、実際の音楽性としては、英国スコットランド出身であるカル・スワンを主軸に生み出された、ホワイトスネイクなどに通ずる伝統的かつ叙情的なブリティッシュ・ハードロックである。1983年スワンとエドワーズはライオンの組織構成を完成させるため、ギタリストのダグ・アルドリッチとベーシストのジェリー・ベスト(Jerry Best)とを(双方とも以前に、バンドのマンスフィールドの録音に参加していた)新規採用した。そして1984年、グループは『13日の金曜日Part4』(Friday the 13th Part 4)のサウンドトラックに収録された歌”ラヴ・イズ・ア・ライ”(Love Is a Lie)にて記念すべきデビューを果たした。1986年にライオンは、日本でのみリリースされた6曲入りEP”パワー・ラヴ”(Power Love)と共に復帰した。

ディスコグラフィ::
Dangerous Attraction (1987):邦題『宿命の砦』
Power Love / Code Of Honor(1987):6曲入りEPとマーク・エドワーズのソロ(1985年発表)を合体したLP
Trouble In Angel City (1989)
カラー:
ブラック
素 材:
綿100%
ご注意:
実物と色等が多少異なる場合があります。

【平均サイズ】(身巾×着丈×肩巾cm)
輸入品の為、下記平均サイズと差異があります。
実寸はメールにてお問合せ下さい。