ALCATRAZZ

アルカトラス(Alcatrazz)は1983年にグラハム・ボネットを中心に結成されたヘヴィメタルバンドであり、イングヴェイ・マルムスティーンを輩出、スティーヴ・ヴァイが在籍したバンドである。1987年解散。2007年にグラハムが自身のバンドを率いてアルカトラス名義で活動再開。
1983年、マイケル・シェンカー・グループを解雇されたグラハムは元ニュー・イングランドのゲイリーとジミーと共にバンドを結成する。グラハムはレインボーで共演したリッチー・ブラックモアに良く似たギタリストを探すためオーディションを行い、元スティーラーのイングヴェイ・マルムスティーンを獲得。(イングヴェイ本人の話ではUFOの誘いも受けていたが、グラハムの方が歌が上手いと言う理由でアルカトラスに加入したという。)
1984年1月には初来日を果たした。イングヴェイはリッチーに憧れているとはいえ黒い衣装、白いストラトキャスター、ギターを壊すパフォーマンスと全てリッチーのコピーであるため客から失笑がもれた。だが、「テープの速回しじゃないか?」と噂されていたイングヴェイのメロディアスかつ強烈な速弾きは紛れもない本物であった。そして、この初来日の東京公演を収録されたアルバム『ライヴ・センテンス』をリリースされるも、グラハムとの関係が悪化したのを理由にイングヴェイは脱退してしまう。後任には(同じく速弾きを得意とするとはいえ)イングヴェイとはスタイルを異にするスティーヴ・ヴァイを加入させ、1984年10月に再来日を果たした。初来日公演も再来日公演もライブ・ビデオが発売され好評であった。
2007年にアルカトラスはグラハム・ボネット(ボーカル)、ハウイー・サイモン(ギター)、ティム・ルース(ベース)、グレン・ソーベル(ドラムス)のラインナップで再結成され、5月~6月に来日公演を行った。 オリジナルメンバーがグラハム・ボネット1人しかいないため、ジミー・ウォルドー、ゲイリー・シェア、ヤン・ウヴェナはアルカトラスの名前を使用することに対して異議を申し立てるべく米国で商標登録を申請したが、結局却下された。2009年にはドラマーがグレン・ソーベルからデイブ・ジャレクにメンバーチェンジした。

活動開始:
1983年 – 1987年、2007年 –
出身地:
アメリカ合衆国, ロサンゼルス
ジャンル:
ヘヴィメタル,ハードロック,ネオ・クラシカル・メタル
受賞歴:
MTV Video Music 最優秀ビデオ賞、ピープルズ・チョイス・アワード バンド賞
メンバー:
グラハム・ボネット(ヴォーカル)
ハウイー・サイモン(ギター)
ティム・ルース(ベース)
デイブ・ジャレク(ドラムス)

ALCATRAZZ の商品一覧

全1件中 1件目を表示

1 / 11
PAGETOP