GRAHAM BONNET

グラハム・ボネット(Graham Bonnet, 1947年12月23日 – )は、イギリス生まれでアメリカ合衆国・ロサンゼルス在住のロックシンガー。レインボーやアルカトラスのヴォーカリストとして有名。声域は4オクターブあると言われている。

イギリスのリンカーンシャー州スケグネス出身。10代前半はイギリスの地元でジャズ・バンドのギタリストをしていたが、10代後半はローカル・バンド「Blue Sect」や「Graham Bonnet Set」を率いて活動していた。1967年、20歳の時に従兄弟のTrevor Gordonと新たなバンド「Bonar Law」を結成。1977年、リンゴ・スターのレーベル、Ring O Recordsと契約し、初のソロ・アルバム『Graham Bonnet』を出す。ボブ・ディランの「イッツ・オール・オーバー・ナウ、ベイビー・ブルー」をカバーしたシングルはオーストラリアで大ヒットとなり、アルバムもオーストラリアなど数カ国でゴールド・ディスクを獲得。

3作目のソロアルバムの『Line Up』のアウトテイクである「Bad Days Are Gone」(邦題「孤独の叫び」)が収録されている。この2枚のソロ・アルバムにより、広い音域と圧倒的なパワーを持つ声で知られるようになる。しかしハードロックに特化したシンガーではなくロックや、ポップス、R&BやAORなどを幅広くこなせる歌手だった。その後、RAINBOW, MSG, Alcatrazz, Impellitteri などに加入。

出生
1947年12月23日
出身地
イングランド、 リンカーンシャー州・スケグネス
ジャンル:R&B、AOR、ハードロック、 ヘヴィメタル、ネオ・クラシカル・メタル
職業
シンガーソングライター
担当楽器
ボーカル
活動期間
1968年 –

GRAHAM BONNET の商品一覧

全1件中 1件目を表示

お客様の声

日々ショップを運営し、お客様より頂いたありがたいコメントを紹介いたします!

店舗内売れ筋ランキング

集計期間:2022年09月04日 - 2022月10月04日

売れ筋ランキング

PAGETOP