COVERDALE・PAGE

カヴァデール・ペイジ(英語:Coverdale-Page)は、デイヴィッド・カヴァデールとジミー・ペイジによるプロジェクトであり、唯一発表されたアルバム。

当時のペイジとカヴァデールのアーティスト契約先のゲフィン・レコードのA&Rマン、ジョン・カロドナー(アトランティック時代にフォリナー、AC/DCなどを販売促進した)の提案によって持ちかけられたプロジェクトである。カヴァデールとペイジとは、ペイジとしてはポール・ロジャースと組んだザ・ファーム (The Firm)以来となる本格的なバンド活動となり、カヴァデールにとってはホワイトスネイクでも伺えたレッド・ツェッペリン色が映えた作品になった。

アルバムはツェッペリン以降のペイジのキャリアではもっとも成功した作品であり、USのRIAAの記録で50万枚、日本で15万枚、UKで6万枚を売った。アルバムからは”Pride and Joy”, “Shake My Tree”, “Take Me for a Little While”, “Take a Look at Yourself” そして “Over Now”がシングル・カットされた。

アルバムにも参加したデニス・カーマッシ、Guy Pratt、Brett Tuggleらがサポート・メンバーによって日本公演のみが行われた。日本公演は追加公演も行われ盛況であった。プロジェクト解体後、ペイジはロバート・プラントとのアンプラクド・プロジェクト、カヴァデールは自身のホワイトスネイク再稼働へとそれぞれ活動の場を移した。

リリース
1993年3月18日 (日本先行発売)
ジャンル
ハードロック
プロデュース
ジミー・ペイジ デイヴィッド・カヴァデール マイク・フレーザー

COVERDALE・PAGE の商品一覧

全1件中 1件目を表示

1 / 11
PAGETOP