SWEET THE (スウィート)

スウィート (SWEET) は、イギリスのロックバンド。1970年代に10曲を全英シングルチャートでトップ10入りさせた。

1968年、ウェインライツ・ジェントルメンというバンドの中心人物だったヴォーカリストのブライアン・コノリー(Brian Connolly、1945年10月5日 – 1997年2月9日)と、ドラマーのミック・タッカー(Mick Tucker、1947年6月17日 – 2002年2月14日)が同バンドを脱退し、ジ・アーミィというバンドにいたベーシストのスティーヴ・プリースト(Steve Priest、1948年2月23日 – )と、ギタリストのフランク・トービィとともにバンドを結成するが、直後にフランク・トービィが脱退、後任のギタリストとしてアンディ・スコット(Andy Scott、1949年6月30日 – )が加わり、スウィートの結成に至った。

ヒットメーカーのマイク・チャップマンとニッキー・チンが作詞作曲した「ファニー・ファニー(Funny Funny)」がイギリスのチャートで13位まで上昇、さらに次にリリースしたシングル「コ・コ(Co-Co)」がイギリスで2位、アメリカでも99位に初ランクされた。その後もチャップマンとチンが共作した「リトル・ウィリー」「ブロック・バスター」「ボールルーム・ブリッツ」などリリースするシングルの多くがヒットし、スウィートはイギリスのポップ・ロック・シーンにおいて地歩を築いていった。「ブロック・バスター」は日本でも小ヒットした。
しかし、1974年の夏頃には、スウィートはチャップマンとチンによるコントロールから離れようと思うようになる。そして、1975年にはメンバー4人が共作したオリジナル曲「フォックス・オン・ザ・ラン」が全英2位・全米5位の大ヒットを記録して、西ドイツのチャートでは1位を獲得し、スウィートのシングルとしては「リトル・ウィリー」以来のミリオンセラーとなった。続く「アクション」も、やはりメンバー4人の共作で、この曲は後にデフ・レパード等にカヴァーされている。1976年に発表されたスタジオ・アルバム『甘い誘惑(Give Us a Wink)』には、チャップマンとチンの楽曲は含まれず、収録曲のほとんどがメンバー4人の共作で固められた。

出身地
イギリス
ジャンル
ポップ, ハード・ロック, グラムロック
活動期間
1968年 – 1981年, 1985年 – 1991年 メンバーチェンジして現在活動中
レーベル
RCA、 キャピトル・レコード、 ポリドール・レコード
オリジナルメンバー
アンディ・スコット
スティーヴ・プリースト
ブライアン・コノリー
ミック・タッカー

SWEET THE の商品一覧

全1件中 1件目を表示

1 / 11

店舗内売れ筋ランキング

集計期間:2019年07月20日 - 2019月08月20日

売れ筋ランキング

PAGETOP