HUGHES THRALL

グレン・ヒューズ(Glenn Hughes,通称The Voice Of Rock/The God of Voice, 1951年8月21日 – )はイギリス出身のベーシスト兼ヴォーカリスト。
トラピーズのメンバーとして1970年にデビュー、ディープ・パープルのメンバーにスカウトされて世界的な注目を浴びた。その後様々なバンドやプロジェクトに携わり、ソロ名義の活動をしている 。

1951年、スコットランド・グラスゴー・キャンノックで生まれる。1969年にトラピーズでレコーディング・キャリアのデビュー。同バンドのベーシスト兼ヴォーカリストとして3枚のアルバムを発表し1973年、ディープ・パープルへスカウトされる。1974年、同グループでアルバム『紫の炎』を発表。同年4月にアメリカ・カリフォルニア州で行われたイベント「カリフォルニア・ジャム」に出演し一躍有名に。

1976年、ディープ・パープル解散後、ソロ・アーティストとしての活動を始める。翌1977年にファースト・ソロ・アルバム『Play Me Out』をトラピーズのメンバーと発表、活動の拠点をアメリカへ移す。
1982年にギタリストのパット・スロールと共にヒューズ/スロール名義で作品を発表。
1985年にはヴォーカリスト兼ベーシストとしてゲイリー・ムーアの『ラン・フォー・カヴァー』、1986年にはヴォーカリストとしてブラック・サバスのトニー・アイオミのアルバム『セヴンス・スター』に参加する。ハード・ロック・バンド、ヨーロッパ(バンド)の元メンバーであるギタリスト、ジョン・ノーラムと活動中ドラッグの問題でスウェーデンから強制退去を命じられる。脱ドラッグのリハビリテーションを行い、1991年にKLFのシングル「America:What time is Love」にヴォーカルとして再デビューする。1992年、ヒューズがリード・ヴォーカルを担当したジョン・ノーラムのアルバム『フェイス・ザ・トゥルース』が発表される。

2002年にはジョー・リン・ターナーとのヒューズ・ターナー・プロジェクトに参加以降2005年になって、チャド・スミスとのレコーディング作品「Soul Mover」でソロ・キャリアを再開する。

別名
The Voice of Rock/The God of Voice
出生
1951年8月21日 イングランド スタッフォードシャー キャノック
ジャンル
ロック,ヘヴィ・メタル,ハード・ロック, ソウル,ファンク,ブルース
担当楽器
ベース・ギター,ヴォーカル
活動期間
1968年~現在
レーベル
フロンティアーズ・レコード,ポニーキャニオン, SPV, GmbH,ヤマハ,ゼロ・コーポレーション
共同作業者
ディープ・パープル, トラピーズ,ヒューズ/スロール,ブラック・サバス, ヒューズ・ターナー・プロジェクト

HUGHES THRALL の商品一覧

全1件中 1件目を表示

1 / 11
PAGETOP