KANSAS (カンサス)

カンサス(KANSAS)は、アメリカの代表的なプログレッシブ・ロック・バンド。地名との差別化のため、カンザスではなくカンサスと呼ぶのが日本では一般的である。

日本ではあまり知名度はないが、イギリス主体のプログレッシヴ・ロックをアメリカ的解釈でアーシーかつポップに消化したサウンドで、本国やヨーロッパなどでは高い評価を得ている。アメリカのプログレ、ことにプログレッシヴ・ハードロックに分類されるバンドとしてはパイオニア的な存在である。

曲作り・サウンドの傾向としてはロックンロール指向の強いスティーヴ・ウォルシュと、プログレッシブ・ロック指向が強いケリー・リヴグレンの2人が中心である。スティーヴとロビーのツイン・ヴォーカル、リチャードとケリーのツイン・ギター、ケリーとスティーヴのツイン・キーボード、そしてロビーのヴァイオリンを加えた斬新なメンバー構成で、デビュー当初から独自の音楽性を展開した。

プログレとしてはイエスやジェネシスといったシンフォニック・構築的なバンドの影響を受けており、それらの先逹との差別化として、ハードロック的でアグレッシヴなリズムセクションやバラエティに富んだヴォーカル、マルチなリード楽器による重層的なアンサンブルなどを武器とした。また当時世界的に隆盛していたハード・ロックを中心として、フォーク、ヘヴィ・ブルーズ、カントリー、ラテンなど、非常に雑多なアプローチを盛り込んだ、洗練されていながら泥臭いというアメリカン・ロックの両端が同居するサウンドも大きな特徴である。デビューが同年だったカナダのラッシュや、同国の後続であるドリーム・シアターやスポックス・ビアードのように、変則的なリズムを自然に聴かせるアレンジも先進的であった。

出身地
アメリカ合衆国 カンザス州
ジャンル
ロック,プログレッシブ・ロック, ハードロック
活動期間
1969年 – 1983年
1986年 – 現在
レーベル
Kirshner/Epic,MCA
オリジナルメンバー
スティーヴ・ウォルシュ Steve Walsh – Lead Vocals, Keyboards & Synthesizers  ※1980年脱退、1986年復帰。
ロビー・スタインハート Robby Steinhardt – Lead Vocals, Violin & Viola  ※1983年脱退、1998年に復帰するが現在は再び脱退。
ケリー・リヴグレン Kerry Livgren – Lead & Rhythm Guitars, Keyboards, Synthesizers ※1983年脱退、その後楽曲提供では参加。
リチャード・ウィリアムス Richard Williams – Lead & Rhythm Guitars
デイヴ・ホープ Dave Hope – Bass ※1983年脱退
フィル・イハート Phil Ehart – Drums, Percussion 空軍所属の父の赴任に伴い日本での居住歴あり
途中加入のメンバー
ジョン・エレファンテ John Elefante – Lead Vocals, Keyboards  ※1982年参加、1984年脱退。
スティーヴ・モーズ Steve Morse – Lead Guitars  ※1985年参加、1991年脱退。現在はディープ・パープルに加入。
ビリー・グリアー Billy Greer – Bass & Vocals  ※1985年参加
デヴィッド・ラグスデール David Ragsdale – Violins & Guitars ※1991年参加、1997年脱退、ロビー・スタインハート脱退後に復帰
ウォーレン・ハム Warren Ham Keyboards, Flute, Alto and Soprano Saxophones, Harmonica & Vocals ※1982年参加、1984年脱退
グレッグ・ロバート Greg Robert Keyboards & Vocals ※1991年参加、1997年脱退

KANSAS の商品一覧

全2件中 1〜2件目を表示

店舗内売れ筋ランキング

集計期間:2020年08月25日 - 2020月09月25日

売れ筋ランキング

PAGETOP