COZY POWELL

コージー・パウエル(Cozy Powell、本名:Colin Flooks、1947年12月29日-1998年4月5日 )は、イングランドのグロスタシャー州サイレンセスター出身のドラマー。多くの有名ロックバンドに在籍した渡り鳥として知られる。1970年、ジェフ・ベックに見出され、1971年に第二期ジェフ・ベック・グループのドラマーとなり名を上げる。

グループ消滅後はセッション・ドラマーとして仕事を続け、録音した個人名義のEP、「Dance with The Devil(1972)」が1974年になってスマッシュ・ヒット作となり自身の名を冠したバンド、コージー・パウエルズ・ハマーを結成する。1975年、リッチー・ブラックモアのレインボーのオーディションに応募し第2期レインボーを支えるドラマーとなる。また、1979年に初のソロ・アルバム『オーヴァー・ザ・トップ』発表。

「Theme one」はBBCの音楽番組トップ・オブ・ザ・ポップスのオープニング曲に使われ、タイトル曲は、チャイコフスキー「序曲1812年」に合わせてのドラム・ソロ(レインボーのライブでも披露されていた演出)が収録されている。
レインボーでのパフォーマンスが認められ、1980年代にはグラハム・ボネット、ロバート・プラント、マイケル・シェンカー・グループ、ホワイトスネイク、エマーソン・レイク・アンド・パウエル、ブラック・サバス等、ハード・ロックを代表するドラマーとして数々のレコーディングやバンド・メンバーとして契約した。1990年代にはベーシストのニール・マーレイと組んで、ブライアン・メイやピーター・グリーンのバンドに参加。その他、イングヴェイ・マルムスティーン等と共演。

26インチのツイン・バス・ドラムをノー・ミュートで演奏できる数少ないドラマーである。レーサーへの転向を考えて一時期音楽をやめたこともあるほど自動車の運転が好きだったが、1998年4月5日未明、イギリス・ブリストル郊外の高速道路にてサーブ9000ターボをシート・ベルトをせず酩酊下で運転かつガールフレンドと携帯電話で会話していたため、時速167kmで中央分離帯に衝突事故死した。

出生名
Colin Flooks
出生
1947年12月29日 イングランド・サイレンセスター
死没
1998年4月5日(満50歳没)イングランド・ブリストル
ジャンル
ハードロック、ヘヴィメタル
職業
ドラマー、プロデューサー
担当楽器
ドラム
活動期間
1968年 – 1998年
共同作業者
ジェフ・ベック・グループ
コージー・パウエルズ・ハマー
レインボー
マイケル・シェンカー・グループ
ホワイトスネイク
エマーソン・レイク・アンド・パウエル
ブラック・サバス
ブライアン・メイ・バンド
イングヴェイ・マルムスティーン・バンド
フォースフィールド 他

COZY POWELL の商品一覧

全2件中 1〜2件目を表示

1 / 11
PAGETOP