QUIET RIOT

クワイエット・ライオット (Quiet Riot)は、アメリカのハードロックバンドである。デビュー間もない最初の頃は、ルックスから少女うっとりバンドと呼ばれ、日本では一部マニアの間に名が知られ、日本で人気が先行し後に、1982年、1983年に大きな成功を収め1980年代のハードロック/ヘヴィメタルシーンにおいて活躍した。

1973年、ランディ・ローズにより結成。
アメリカでのリリースの失敗後、1979年11月、ランディはバンドを離れてオジー・オズボーンのバンドに加入。1981年にはサーゾもオズボーンのバンドに加入した。しかしダブロウとフォーサイスはバンドを継続する意思でいた。そして1980年から1982年の間、バンド名をDuBrowに変更することになる。 しかし1982年3月19日、ランディ・ローズが飛行機墜落事故で死去したのを受け、ダブロウは再びQuiet Riotとして活動することとなる。カルロス・カヴァーソをギタリストに迎え、ドラマーはフランキー・バネリを加えてここに新たなるラインナップが完成した。1982年9月、アメリカのCBSレコードと契約。1983年の3月11日に、彼らのアメリカでのデビュー作『METAL HEALTH』が発表された。 1983年8月27日、2ndシングルである”Cum On Feel the Noize”がリリースされた。この曲はスレイドの1973年のヒット曲のカヴァーで、全米5位の大ヒットとなった。ヘヴィメタルバンドでビルボードチャートで5位以内にランクインした曲はこれが初めてのことであった。またこの曲のヒットのお陰でアルバムもビルボードチャートを上昇していき、全米1位を記録した。1983年当時、ヘヴィメタルバンドがアルバムを全米1位に送り出すことは非常に珍しいことであった。

2007年11月25日に、ダブロウの遺体がネバダ州ラスベガスの自宅で見つかったと共同通信によって報じられた。52歳であった。死因はコカインの過剰摂取によるものだった。
2010年にフランキー・バネリを中心にマーク・ハフ(5150)、チャック・ライト、アレックス・グロッシで再結成。
2012年に入るとハフが脱退し、ライヴセッションとしてキース・セントジョン(バーニング・レイン 、モントロ-ズ)が参加。同年にスコット・ヴォコウンが正式に加入した。
2013年11月22日、フランキー・バネリにより新ボーカリストとしてLove/HateのJizzy Pearlの加入を発表。また同時にバンドはスタジオ入りして新アルバム製作中であると発表。またこの新体制での初ライブは2013年12月31日、アリゾナ州Flagstaffにて行われる事も併せて発表。

別名
Mach 1,Little Women,DuBrow (1980-1982)
出身地
アメリカ合衆国,カリフォルニア州 ロサンゼルス
ジャンル
ヘヴィメタル,ハードロック, アリーナ・ロック
活動期間
1973年 – 1989年,1991年 – 2003年 2005年 –
1977年メンバー
ケヴィン・ダブロウ(ボーカル)
ランディ・ローズ(ギター)
ドリュー・フォーサイス(ドラムス)
ケリー・ガルニ (ベース)
旧メンバー
ケヴィン・ダブロウ (ボーカル)
ポール・ショーティノ (ボーカル)
マーク・ハフ (ボーカル)
ランディ・ローズ (ギター)
グレッグ・レオン (ギター)
カルロス・カヴァーソ (ギター)
ルディ・サーゾ (ベース)
その他

QUIET RIOT の商品一覧

全2件中 1〜2件目を表示

1 / 11
PAGETOP