CBGB (シービージービー)

CBGB(シービージービー、Country, Blue Grass, and Bluesの略)は、ニューヨークシティマンハッタン区のブリッカー通りの東端に当たるバワリー315番地にあったクラブ(ライブハウス)。

1973年にヒリー・クリスタルが開業し、もともとは店名にある様な音楽を中心としたライブハウスとしていたが、そのうちラモーンズ、テレヴィジョン、パティ・スミス、トーキング・ヘッズ、ザ ランナウェイズなど アメリカのパンクバンドやパンクに影響を受けたバンドが出演するようになった。

クラブの店先と隣の大きなスペースには長い間CBGBレコードストアが使っていた。1980年代後半、レコードストアを閉業し、二つ目のパフォーマンスと画廊のスペース、CBズ・313・ギャラリーに代わった。ギャラリーは適切な防音設備が無く、ドラムセットなど大音量の楽器の使用が制限されていた為、フォークロック、フォーク、ジャズ、実験音楽などにより近い音楽スタイルの人気バンドとシンガーソングライターが多く演奏した。一方もともとのクラブは、より激しく音の大きい最良のポストパンク、メタル、オルタナティヴ・ロックを現し続けた。

クラブは2006年10月13日の週末で閉業した。ザ・ディクテイターズが最後の金曜と土曜、10月13日の14日の夜のメインに登場し、土曜の夜にはブロンディのデビー・ハリーとクリス・シュタインがステージに加わってアコースティックセットで演奏した。10月15日土曜の最後のコンサートはパティ・スミスが出演した。CBGBショップ(CBGB関連のショップ)はバワリー315で10月31日まで営業を継続、2006年11月1日以降はセント・マークズ・プレイス19-23に移転して営業していたが、現在(2010年)の時点では閉鎖して店はなくなり別の店舗が入っている。移転などはしていない。

通称
CB’s
種別
ライブハウス
音楽ジャンル
パンク,ハードコア,ハードロック,ブルーグラス,ブルース,カントリー
開館
1973年
閉館
2006年
運営
ヒリー・クリスタル
所在地
ニューヨーク市マンハッタン

ヒリー・クリスタルは2007年8月28日、肺ガンからの余病で死亡した。CBGB関連の権利はクリスタルの親族に移り、CBGBショップは移転し、CBGBの商品の製造・販売卸をするCBGBファッションズと共に営業を継続。CBGBの公式ホームページよると現在もCBGBは「移転先を確保中」とされている。

CBGB の商品一覧

全15件中 1〜15件目を表示

お客様の声

日々ショップを運営し、お客様より頂いたありがたいコメントを紹介いたします!

  • 今、Tシャツとビーチタオルが届きました。
    カッコいいですね!
    このコロナ禍で、家に居る時間も圧倒的に増え、メタルのDVDを見たり、CDを聴く時間もかなり増えて、
    クワイエットライオットも、相当、見たり聴いたりしましたが、やはり、良いものは良いですよね!
    ケビン・ダヴロウも、カルロス・カヴァーゾも、とにかく可愛かった️
    最近、メタルバンドのDVDを見ると、すぐに胸が熱くなって、涙が溢れてくるようになりました。
    歳のせいか?コロナ禍のせいか……??
    いずれにせよ、感動したり、熱くなれたり、夢中になれるものがあるということは、本当に幸せなことですね。
    メタルの世界に出会えたことに、感謝、感謝です!

    2021/01/18 O.M 様よりいただきました!ありがとうございました

  • こんなレアなTシャツが手に入るなんて興奮!!
    華やかなビジュアルのメンバー4人がフロントに居並ぶTシャツは注目度大です。
    外出先で知らない方から「BRITNY FOXのTシャツを着ている人を初めて見た!!」と驚かれたことが数回あります。
    バンドのロゴもゴージャスで、着ているだけで気分が良くなる1枚です♪

    2021/01/12 E.A 様よりいただきました!ありがとうございました

  • 連絡ありがとうございます
    本日、商品を受け取りました。

    レディースの方はプレゼントでしたので
    ちょうどクリスマスプレゼントとなりました
    どの商品も格好良く気に入っております。

    ありがとうございました
    また、利用させていただきます。

    2020/12/27 A.M 様よりいただきました!ありがとうございました

  • 💎 一生大切にするStraight to Hellのバッファロー革ジャン 💎

    生まれて初めて革ジャンを買いました!
    前からワイルドな革ジャンを着てみたいと憧れながらも、自分の雰囲気には合わないなと躊躇していましたが、「ダスティピンク」というこの色が気に入って即決で購入したものです。
    派手ではない馴染みピンクで、大正解でした。そしてとても暖かく、真冬でも革ジャンの中は半袖TシャツでOKでした。

    肩幅に合わせたサイズ選びがいいかと感じます。革は身につけながら育てていくものなので、大切に着ます。
    これを着ていると、電車などで「可愛い革ジャンね💗」話しかけられたことが数回あります。

    2020/10/16 E.A 様よりいただきました!ありがとうございました

  • 大好きなゲイリームーアのRun For Cover のTシャツを、これまでに4枚購入させて頂きました。
    初めてこのTシャツが届いた時、若かりし頃のゲイリームーアが、セピア色の世界の中で、なんともいい雰囲気でプリントされていたことに大興奮しました。更に、袖を通してみたところ、なんとも肌触りが良く、実に快適な着心地でした。

    これだけ魅力的なTシャツならば、死ぬまで着続けたいと、計4枚の購入に至りましたが、一番最初に袖を通したTシャツも、頻繁に着て、頻繁に洗濯している割にダメージが無く、また、元が綺麗なセピア色のプリントであるだけに、使い込んでも、かえって、いい感じに味が出ている気さえします。写真プリントも最高にカッコいいですし、とにかく肌触りがなんともソフトで心地良すぎます。

    そして、全く衰えません!これだけ、あらゆる点で魅力的なTシャツには、なかなか出逢えるものではありません。
    購入して、大得しても、損は無しです!

    2020/10/01 O.M 様よりいただきました!ありがとうございました

店舗内売れ筋ランキング

集計期間:2020年12月25日 - 2021月01月25日

売れ筋ランキング

PAGETOP