CBGB

CBGB(シービージービー、Country, Blue Grass, and Bluesの略)は、ニューヨークシティマンハッタン区のブリッカー通りの東端に当たるバワリー315番地にあったクラブ(ライブハウス)。

1973年にヒリー・クリスタルが開業し、もともとは店名にある様な音楽を中心としたライブハウスとしていたが、そのうちラモーンズ、テレヴィジョン、パティ・スミス、トーキング・ヘッズ、ザ ランナウェイズなど アメリカのパンクバンドやパンクに影響を受けたバンドが出演するようになった。

クラブの店先と隣の大きなスペースには長い間CBGBレコードストアが使っていた。1980年代後半、レコードストアを閉業し、二つ目のパフォーマンスと画廊のスペース、CBズ・313・ギャラリーに代わった。ギャラリーは適切な防音設備が無く、ドラムセットなど大音量の楽器の使用が制限されていた為、フォークロック、フォーク、ジャズ、実験音楽などにより近い音楽スタイルの人気バンドとシンガーソングライターが多く演奏した。一方もともとのクラブは、より激しく音の大きい最良のポストパンク、メタル、オルタナティヴ・ロックを現し続けた。

クラブは2006年10月13日の週末で閉業した。ザ・ディクテイターズが最後の金曜と土曜、10月13日の14日の夜のメインに登場し、土曜の夜にはブロンディのデビー・ハリーとクリス・シュタインがステージに加わってアコースティックセットで演奏した。10月15日土曜の最後のコンサートはパティ・スミスが出演した。CBGBショップ(CBGB関連のショップ)はバワリー315で10月31日まで営業を継続、2006年11月1日以降はセント・マークズ・プレイス19-23に移転して営業していたが、現在(2010年)の時点では閉鎖して店はなくなり別の店舗が入っている。移転などはしていない。

通称
CB’s
種別
ライブハウス
音楽ジャンル
パンク,ハードコア,ハードロック,ブルーグラス,ブルース,カントリー
開館
1973年
閉館
2006年
運営
ヒリー・クリスタル
所在地
ニューヨーク市マンハッタン

ヒリー・クリスタルは2007年8月28日、肺ガンからの余病で死亡した。CBGB関連の権利はクリスタルの親族に移り、CBGBショップは移転し、CBGBの商品の製造・販売卸をするCBGBファッションズと共に営業を継続。CBGBの公式ホームページよると現在もCBGBは「移転先を確保中」とされている。

CBGB の商品一覧

全13件中 1〜13件目を表示

1 / 11
PAGETOP