BUCKCHERRY (バックチェリー)

Buckcherry(バックチェリー)は、アメリカのロックバンド。

1999年、デビュー・アルバムの発表前から、キッスのオープニングアクトとしてツアーに同行するなど、デビュー前から注目されていた。1999年、デビュー・アルバム「Buckcherry」をリリース。1曲目の「Lit Up」がヘビーローテーションとなり、一躍世界中に名を轟かせる。夏に行われたウッドストック 1999にも出演、12月にはエアロスミスがミスター・ビッグとペアで行ったカウントダウンライブのオープニングアクトとして来日。翌年の元日には、Zepp Tokyoで初のワンマンライブを決行、そのまま日本ツアーを行った。

2000年年明けには、”Lit Up”がグラミー賞Best Hard Rock Performanceにノミネート、ギタリストのキースがGibson Award Most Promising New Guitaristを受賞。バンドはジャパンツアーから帰国後、すぐニューアルバム制作に取り掛かり、5月よりレコーディングを開始し、2001年3月にセカンド・アルバム「Time Bomb」をリリース。8月にベーシストJBが、ツアー半ばで突如脱退。バンドはベースにサポートメンバーを迎え日本ツアーを10月に行うが、帰国直後、ギタリストYogiが脱退。翌年の2002年1月にはドラムのDevonが脱退。残されたジョシュとキースはバンドをそのまま継続し、プロジェクトへの参加等を繰り返していた。その頃、モトリー・クルーのドラマーだった、ランディ・カスティロが胃がんの為に死去。その追悼ライブに参加する。一緒にプレイしたミュージシャンに、元ガンズ・アンド・ローゼスで後にヴェルヴェット・リヴォルヴァーを結成することになる、スラッシュ、ダフ・マッケイガン・マット・ソーラムと一時的にバンドを組み、そのときは「Buck N’ Roses」と名乗っていた。最終的に、ジョシュの声がバックチェリーにしか聞こえないという理由により、そのプロジェクトからは外れることになる。2002年7月16日、マネージメントにより、ジョシュのBuckcherry脱退、残されたキースの判断によりDreamworksとのアルバム契約を1枚残したままBuckcherryの解散が伝えられた。

2005年1月27日、MTVが「ジョシュ・トッド、キース・ネルソンはバックチェリーの再結成に向け、バンドの3枚目となるアルバムのレコーディングを開始。年内にはリリースの予定で、ベース、ドラム、セカンドギタリストは新メンバーを迎える予定」と報じ、3月には、オフィシャルホームページが完成。ロゴはファーストアルバムに使われていた女性を使用。同年8月、アルバムリリース前にサマーソニック05に出演が決定。ラインナップにも変更があり、新メンバーにはスティーヴィー・ディー(G)、ジミー・アシュハースト(Bass)、ザビエル・ムリエル(Drums)が加えられた。

2005年4月、サードアルバム”15″をリリース。初登場時は売れ行きも良くなかったが、バンドは地道にライブ活動を行う事でローカルな人気を獲得していく。同年、ファーストシングルの”Crazy Bitch”が、”Lit Up”同様にグラミー賞Best Hard Rock Performanceにノミネートされる。

2006年に”15″からシングルカットされた”Sorry”が、アメリカでダブルプラチナムを獲得するほどの大ヒットに。これが全米9位にチャートインすると、発売からすでに約1年半が経過していたアルバムも、全米39位まで上昇。翌年までに、全世界で300万枚を売り上げるほどのロングヒットになった。

2008年7月、バンドは4枚目のアルバム”Black Butterfly”をリリース。全米初登場8位にチャートインし、発売から約4ヶ月でゴールドディスクを獲得している。同時期、モトリー・クルー主催のCrue Fest Tourに参加し、パパ・ローチやトラプト、Sixx:A.M.らと共にツアーを行っている。10月には日本のヘヴィメタル・フェスティバルであるLOUD PARK08に、モトリー・クルーらとともに参加。

2012年10月、LOUD PARK12参加のために来日した。

出身地
アメリカ合衆国 ロサンゼルス
ジャンル
ハードロック、グラム・メタル
活動期間
1995年 – 2002年,2005年 – 現在
メンバー
ジョシュ・トッド Josh Todd – ボーカル (1995–2002, 2005–現在)
キース・ネルソン Keith Nelson – リード・ギター、リズム・ギター, バッキング・ボーカル (1995–2002, 2005–現在)
スティーヴィー・ディー Stevie D – リズム・ギター、リード・ギター、バッキング・ボーカル (2005–現在)
ザビエル・ムリエル – ドラムス、 パーカッション (2005–現在)

BUCKCHERRY の商品一覧

全1件中 1件目を表示

お客様の声

日々ショップを運営し、お客様より頂いたありがたいコメントを紹介いたします!

  • 今、Tシャツとビーチタオルが届きました。
    カッコいいですね!
    このコロナ禍で、家に居る時間も圧倒的に増え、メタルのDVDを見たり、CDを聴く時間もかなり増えて、
    クワイエットライオットも、相当、見たり聴いたりしましたが、やはり、良いものは良いですよね!
    ケビン・ダヴロウも、カルロス・カヴァーゾも、とにかく可愛かった️
    最近、メタルバンドのDVDを見ると、すぐに胸が熱くなって、涙が溢れてくるようになりました。
    歳のせいか?コロナ禍のせいか……??
    いずれにせよ、感動したり、熱くなれたり、夢中になれるものがあるということは、本当に幸せなことですね。
    メタルの世界に出会えたことに、感謝、感謝です!

    2021/01/18 O.M 様よりいただきました!ありがとうございました

  • こんなレアなTシャツが手に入るなんて興奮!!
    華やかなビジュアルのメンバー4人がフロントに居並ぶTシャツは注目度大です。
    外出先で知らない方から「BRITNY FOXのTシャツを着ている人を初めて見た!!」と驚かれたことが数回あります。
    バンドのロゴもゴージャスで、着ているだけで気分が良くなる1枚です♪

    2021/01/12 E.A 様よりいただきました!ありがとうございました

  • 連絡ありがとうございます
    本日、商品を受け取りました。

    レディースの方はプレゼントでしたので
    ちょうどクリスマスプレゼントとなりました
    どの商品も格好良く気に入っております。

    ありがとうございました
    また、利用させていただきます。

    2020/12/27 A.M 様よりいただきました!ありがとうございました

  • 💎 一生大切にするStraight to Hellのバッファロー革ジャン 💎

    生まれて初めて革ジャンを買いました!
    前からワイルドな革ジャンを着てみたいと憧れながらも、自分の雰囲気には合わないなと躊躇していましたが、「ダスティピンク」というこの色が気に入って即決で購入したものです。
    派手ではない馴染みピンクで、大正解でした。そしてとても暖かく、真冬でも革ジャンの中は半袖TシャツでOKでした。

    肩幅に合わせたサイズ選びがいいかと感じます。革は身につけながら育てていくものなので、大切に着ます。
    これを着ていると、電車などで「可愛い革ジャンね💗」話しかけられたことが数回あります。

    2020/10/16 E.A 様よりいただきました!ありがとうございました

  • 大好きなゲイリームーアのRun For Cover のTシャツを、これまでに4枚購入させて頂きました。
    初めてこのTシャツが届いた時、若かりし頃のゲイリームーアが、セピア色の世界の中で、なんともいい雰囲気でプリントされていたことに大興奮しました。更に、袖を通してみたところ、なんとも肌触りが良く、実に快適な着心地でした。

    これだけ魅力的なTシャツならば、死ぬまで着続けたいと、計4枚の購入に至りましたが、一番最初に袖を通したTシャツも、頻繁に着て、頻繁に洗濯している割にダメージが無く、また、元が綺麗なセピア色のプリントであるだけに、使い込んでも、かえって、いい感じに味が出ている気さえします。写真プリントも最高にカッコいいですし、とにかく肌触りがなんともソフトで心地良すぎます。

    そして、全く衰えません!これだけ、あらゆる点で魅力的なTシャツには、なかなか出逢えるものではありません。
    購入して、大得しても、損は無しです!

    2020/10/01 O.M 様よりいただきました!ありがとうございました

店舗内売れ筋ランキング

集計期間:2021年03月18日 - 2021月04月18日

売れ筋ランキング

PAGETOP