BAY CITY ROLLERS

ベイ・シティ・ローラーズ(英語: Bay City Rollers)は、イギリス・スコットランドのエディンバラ出身のポップ・ロック・バンド。1970年代半ばから若い女性を中心に人気になったアイドル・グループである。ロングミュアー兄弟は1968年にグループ名を「ベイ・シティ・ローラーズ」に改称。1971年夏にシングル「朝まで踊ろう(Keep on Dancing)」でデビューした。マネージャーのペイトンは、幾度かのメンバーチェンジを行い、1974年にレスリー・マッコーエン(リード・ボーカル)、エリック・フォークナー(リード・ギター)、スチュアート・ウッディ・ウッド(サイド・ギター後にベース)、アラン・ロングミュアー(ベース)、デレク・ロングミュアー(ドラム)による5人編成になってから、「バイ・バイ・ベイビー」(1975年)、「サタデー・ナイト」(1976年)などのヒット曲を生み出し、本国イギリスを皮切りに、その後アメリカや日本など、世界中で人気を博し、日本でも度々公演が行われた。

「二人だけのデート」もヒットするなど大人気の中、年長者であるアラン・ロングミュアーが脱退した。その後、イアン・ミッチェル(ギター)が新たに参加するが、同じ年にミッチェルは脱退し、パット・マッグリン(ギター)が参加した。しかし、パット・マッグリンも短い期間で脱退してしまい、メンバーチェンジが激しかった。日本では1977年頃まで、イアン・ミッチェルを中心に脱退したメンバーが結成したロゼッタ・ストーンの曲まで、洋楽チャート番組に採り上げられるなど、ベイ・シティ・ローラーズの人気が持続した。しかし、1978年頃からはその人気にも翳りが見えてくる。

1978年秋の3度目の来日公演を最後に、レスリーが脱退。新たにラビットから、ダンカン・フォール(リード・ボーカル、ギター)が加入し、グループ名を「ザ・ローラーズ」に改称して活動を続けたが、1981年に解散した。その後…各自活動は続いて2018年2月にはレスリーが「Bay City Rollers starring Leslie McKeown」名義、6月にはウッディが「Bay City Rollers featuring Woody」名義で来日。残念ながら2018年7月2日。アランが死去。2020年9月1日、イアンが死去。2021年4月20日、レスリーが死去。

出身地
スコットランド・ エディンバラ
ジャンル
ポップ、ポップ・ロック、パワー・ポップ
活動期間
1966年 – 1987年、1990年、1998年 – 2000年、2015年 – 2020年
メンバー
ノビー・クラーク (Nobby Clark、1950年9月10日 – ) – リード・ボーカル(1973年脱退)
レスリー・マッコーエン (Les McKeown、1955年11月12日 – 2021年04月20日) – リード・ボーカル
エリック・フォークナー (Eric Faulkner、1953年10月21日 – ) – リード・ギター
スチュアート・ウッディ・ウッド (Stuart John Wood、1957年2月25日 – ) – サイド・ギター、ベース
アラン・ロングミュアー (Alan Longmuir、1948年6月20日 – 2018年7月2日) – ベース
デレク・ロングミュアー (Derek Longmuir、1951年3月19日 – ) – ドラム
イアン・ミッチェル (Ian MItchell、1958年8月22日 – 2020年9月1日) – ギター
パット・マッグリン (Pat McGlynn、1958年3月31日 – ) – ギター
ダンカン・フォール (Duncan Faure、1956年12月16日 – ) – リード・ボーカル、ギター
デイヴィッド・ペイトン(David Paton、1949年10月29日 – ) – ギター

BAY CITY ROLLERS の商品一覧

全5件中 1〜5件目を表示

お客様の声

日々ショップを運営し、お客様より頂いたありがたいコメントを紹介いたします!

店舗内売れ筋ランキング

集計期間:2022年06月06日 - 2022月07月06日

売れ筋ランキング

PAGETOP