TNT

TNT(ティー・エヌ・ティー)はノルウェーのヘヴィメタル / ハードロックバンド。1980年代後半の北欧メタルムーブメントの隆盛を担った。2度の解散を経て現在も活動している。
ボーカルのトニー・ハーネルがこのバンドに参加したのは、2ndアルバムである『Knights of The New Thunder』のレコーディング直前である。TNTが日本での知名度を上げたのは3rdアルバム『Tell No Tales』、続く4thアルバム『Intuition』の頃である。3rd、4thの二作はプロダクション面でもさらに洗練された内容となったにもかかわらずレコード会社の十分なサポートが得られずライブもままならなかったという。結果としてアメリカ市場ではヨーロッパやスコーピオンズといった他の欧州出身のバンドのような大きな商業的成功を収めることは出来ず、3rdのテル・ノー・テイルズは全米100位、4thのインテュイションは全米115位と満足のいく結果とはならなかった。また、4thではそれまで一貫したたき続けてきたディーゼル・ダールが脱退しアメリカ人のケネス・オディインがドラムを担当し来日公演も成功させるが、自身の都合からツアー後にまもなく脱退する。さらにはそれまで所属していたポリグラム・レコードとの契約も失うがその一週間後にはアトランティック・レコードとの契約を成立させ新たなアメリカ人ドラマー、ジョニー・マックを加入させる。

レコード会社の移籍と5thアルバム『Realized Fantasies』の発表を挟んだ二度の来日公演の後、メンバー間の確執などを理由に1992年8月の来日公演を最後にバンドは一時解散する(1992年)。この解散期間中であった1996年には日本国内でのみ、ベスト・アルバム『Till Next Time』が発売されている。

1997年にバンドは再結成し、6thアルバム『Firefly』、再来日公演、7thアルバム『Transistor』などを経て、再び(公式の発表はないものの事実上の)解散状態となる。その後TNTは2003年にミニアルバム『Taste』をリリースして活動を再開、『My Religion』、『All The Way to The Sun』などを経て現在に至る。
2006年にボーカリストのトニーが脱退を表明。後任として元SHY、SIAMのトニー・ミルズを迎える。

出身地
ノルウェー ソール・トロンデラーグ県 トロンハイム
ジャンル
ハードロック,ヘヴィメタル
活動期間
1982年 – 1992年 1997年 – 現在
レーベル
ポリグラム,アトランティック
メンバー
トニー・ハーネル
ロニー・ル・テクロ
ディーゼル・ダール
旧メンバー
トニー・ミルズ
ダグ・インゲブリクトセン
モーティー・ブラック
ケネス・オディイン
ジョニー・マック
ヴィクトル・ボルグ

TNT の商品一覧

全1件中 1件目を表示

1 / 11
PAGETOP