SAMMY HAGER

サミー・ヘイガー(Sammy Hagar、1947年10月13日 – )は、アメリカ合衆国のロックミュージシャン(ギタリスト・ボーカリスト・作詞・作曲家)である。ヴァン・ヘイレンの元ボーカリスト。

本名は、Samuel Roy Hagar(サミュエル・ロイ・ヘイガー)。カリフォルニア州モントレー出身。1949年生まれの説もある。アメリカのインターネット上では父方のルーツはレバノン系やユダヤ系やアイルランド系と書かれる事が多いが、本人曰くルーツはシチリア島からの移民の血をひくイタリア系の母と、イングランド系とスコットランド系の父を持つと説明している。高くなる程鋭さを増すハイトーン・ボイスが特徴である。

1973年、アメリカ西海岸のハードロック・バンド、モントローズ(Montrose)のボーカリストとしてデビュー。2枚のアルバムに参加した後、モントローズを脱退し、キャピトル・レコードと契約して1976年にソロ・デビュー。ソロ活動ではギターも演奏する。1980年のアルバム『バイオレンスの逆襲』には、ジャーニーのスティーヴ・ペリーとニール・ショーンがゲスト参加。

ゲフィン・レコードへの移籍第1弾アルバム『スタンディング・ハンプトン』(1981年)は、全米アルバム・チャートのトップ40入りを果たし(最高28位)、同作収録曲「There’s Only One Way to Rock」は、後にヴァン・ヘイレンのライブでも歌われた代表曲。サミーはやがて、「ヴォイス・オブ・アメリカ」と賞賛されるようになり、1984年にはそれにちなんだタイトルのアルバム『VOA (ヴォイス・オブ・アメリカ)』発表。同作収録曲「非情のハイウェイ55号 (原題: I Can’t Drive 55)」も、ヴァン・ヘイレンのライブで歌われた。また、ニール・ショーン、ケニー・アーロンソン、マイケル・シュリーヴとのプロジェクトHSASを結成し、アルバム『炎の饗宴』(1984年)を発表。

1985年、ヴァン・ヘイレン(Van Halen)にボーカリストとして加入し、翌年、アルバム『5150』発表。また、1987年公開の映画『オーバー・ザ・トップ』に、エドワード・ヴァン・ヘイレンがベーシストとして参加した楽曲「Winner Takes It All」を提供[1]。サミー在籍時のヴァン・ヘイレンは、スタジオ・アルバム4枚をBillboard 200の1位に送り込んだ。

1996年にヴァン・ヘイレンを脱退。サミーはソロ活動に戻り、1999年以降は、サミー・ヘイガー・アンド・ザ・ワボリタス名義で活動。2002年にはニール・ショーン等と共にプラネットUSを結成するが、アルバム発表には至らずに解散。2004年、一時的にヴァン・ヘイレン復帰。 全米ツアーと2枚組ベスト・アルバム『ヴェリー・ベスト・オブ・ヴァン・ヘイレン (The Best Of Both Worlds)』の新曲2曲に参加。しかし、エディとの関係が再び悪化し、ツアー後は自然消滅(再脱退)。その後も精力的に活動している。2007年にはジョー・サトリアーニ、チャド・スミス、ヴァン・ヘイレン時代の盟友マイケル・アンソニーと共にチキンフットを結成。

出身地 : アメリカ合衆国 カリフォルニア州モントレー

ジャンル : ハードロック, ロック

活動期間 : 1968年 –

共同作業者 : チキンフット, ヴァン・ヘイレン, モントローズ, HSAS, サミー・ヘイガー・アンド・ザ・ワボリタス, プラネットUS

SAMMY HAGER の商品一覧

全5件中 1〜5件目を表示

お客様の声

日々ショップを運営し、お客様より頂いたありがたいコメントを紹介いたします!

店舗内売れ筋ランキング

集計期間:2022年10月30日 - 2022月11月30日

売れ筋ランキング売れ筋ランキング

PAGETOP