PRAYING MANTIS

プレイング・マンティス(PRAYING MANTIS)は、イギリスのヘヴィメタルバンド。1970年代末のNWOBHM(New Wave Of British Heavy Metal)ムーヴメントの代表格。叙情的な正統派ヘヴィ・メタルを演奏するバンドとしてイギリス本国よりも日本での人気が高い。 バンド名の由来は途中に在籍していたスタンリー・カニンハム(Vo)がステージでカマキリの様なアクションをすることからだが、初期の自費製作盤時には脱退していた。1970年代中期にティノ・トロイ(G,Vo)とクリス・トロイ(B,Vo)のトロイ兄弟を中心に、ピート・ムーア(G)、クリス・ハッドソン(Ds)の4人編成で結成され、当時はバンド名をJUNCTIONと名乗っていた。1980年にインディーズから『PRAYNG MANTIS』を発売した。 アイアン・メイデンのメジャー・デビュー・ツアーで前座として同行するが、メンバーはスティーヴ・キャロル(G)、デイヴ・ポッツ(Ds)に変わっている。同年のレディング・フェスティバルにも出演、これがきっかけとなりアリスタ・レコードと契約を結ぶこととなる。1981年デビュー・アルバム『TIME TELLS NO LIES』を発表。ツインリード・ギターをフィーチュアしたメロディアスでドラマティックな楽曲、ヘヴィメタルバンドとしては希有な美しいコーラスハーモニーに溢れたその音楽性が評判となり、多くのファンを獲得するが、同年末頃からマネージメントとの関係が悪化し、やがてアリスタとの契約も切れ、アルバムも廃盤となってしまう(ちなみに日本では希少性も伴い幻の名作とされ、海賊盤を生み、オリジナル・アナログ盤は中古市場にて一万円を超える価格で取引されるほどであった)。

1990年4月に日本で行われたNWOBHM10周年記念コンサートをきっかけに、ティノ・トロイ(G,Vo)、クリス・トロイ(B,Vo)、デニス・ストラットン(G)、ブルース・ビスランド(Ds)の編成で再結成し、日本のポニーキャニオンと契約。1991年に『PREDATOR IN DISGUISE』を、1993年にコリン・ピール(Vo)を加え『A CRY FOR THE NEW WORLD』を発表した。2015年、アルバム『レガシー』を発表。 前作「Santcuary」から約6年ぶりのスタジオ・アルバム。 本作よりオランダ出身のヴォーカリスト「ジョン・カイペルス」と同じくオランダ人のドラマーである「ハンス・イン・ザント」がバンドに加入し、新体制で初めてリリースするアルバムとなり、ツイン・リード・ギターとハイ・トーン・ヴォイスの原点回帰サウンドを甦らせた。「Tokyo」収録。

出身地 : イギリス.

ジャンル : ハードロック, ヘヴィーメタル

活動期間 : 1974年~現在

メンバー

2015年現在

ジョン”ジェイシー”カイペルス John ‘Jaycee’ Cuijpers – ボーカル
ティノ・トロイ Tino Troy – ギター、キーボード
クリス・トロイ Chris Troy – ベース、キーボード
アンディ・バーゲス Andy Burgess – ギター、キーボード
ハンス・イン・ザント Hans in’t Zandt – ドラムス

PRAYING MANTIS の商品一覧

全1件中 1件目を表示

商品タイプから選ぶ

商品の雰囲気・ジャンルから選ぶ

お客様の声

日々ショップを運営し、お客様より頂いたありがたいコメントを紹介いたします!

店舗内売れ筋ランキング

集計期間:2021年08月18日 - 2021月09月18日

売れ筋ランキング

PAGETOP