KEEL (キール)

KEEL(キール)は、アメリカ合衆国のヘヴィメタル・バンドである。
イングヴェイ・マルムスティーンやマーク・エドワーズが在籍したSTEELERスティーラーの解散後、そのヴォーカリストであったロン・キール(Ron Keel)を中心として1984年に結成、同年デビュー。
翌1985年に発表したセカンドアルバムのタイトル曲”The Right To Rock”はロック・アンセムとして知られていた。1989年に解散したが、1998年、2008年そして2010年と単発的に再結成を繰り返している。

元スティーラーのロン・キールを中心に1984年ロサンゼルスで結成、同年アルバム”Lay Down The Law”でデビュー。翌1985年にジーン・シモンズのプロデュースでセカンドアルバム”The Right To Rock”をリリース。
1986年、同じくジーンのプロデュースで”The Final Frontier”リリース。この時Metal Edge誌の読者投票で年間ベストバンド賞を獲得した。1987年には4作目となるセルフタイトル・アルバム”Keel”を発表。プロデューサーはマイケル・ワグナーに代わっている。

1988年、2人のギタリスト、マーク・フェラーリとブライアン・ジェイが脱退。代わりにギタリストとキーボードを加えて1989年にスタジオ録音・ライブ録音半々ずつのアルバム”Larger Than Live”をリリースするも、同年中にロンはバンドの解散を発表した。

1990年代、ロンはRon Keel’s Fair Gameなどのプロジェクトの後カントリーに転向、Iron Horseで活動。マーク・フェラーリはCold Sweat、Medicine Wheelといったバンドを組むなどソロ活動を続けていた。1998年、最初の再結成。1980年代の未発表曲を集めたアルバム”Keel :Back In Action”をリリースした。

2008年にはバンド25周年として2度目の再結成、2009年に数回ライヴ活動を行った。さらに2010年にも再結成してアルバム”Streets Of Rock & Roll”を発表している。

メンバー
Ron Keel – ヴォーカル:1961年生れ
Mark Ferrari – ギター:1962年生れ
Brian Jay – ギター
Geno Arce – ベース(2008 – )
Dwain Miller – ドラムス(1985 – )
旧メンバー
David Michael Philips – ギター(1984)
Bobby Marks – ドラムス(1984)
Scott Warren – キーボード(1989)
Steven Riley – ドラムス(1985)
Tony Palamucci – ギター(1989)
Kenny Chaisson – ベース(1984 – 1989、1998)

KEEL の商品一覧

全1件中 1件目を表示

1 / 11

店舗内売れ筋ランキング

集計期間:2019年06月18日 - 2019月07月18日

売れ筋ランキング

PAGETOP